産業用・機械用の刃物の再研磨なら愛知県の大府精巧有限会社

電話番号

「お客様の満足度」と「コスト」についての一考察(論文か!(笑))

2016-01-27

おはようございます。ブログ担当の山口です。

先日このブログでお伝えしたフォトムービー、何とか完成しまして納品(?)しました。

限られた時間の中で、もう少し作りこみたいところもあったのですが、

それはあくまで自分の満足度の話。

何しろイベントそのものに間に合わなければ意味がないので、

まずは、ご依頼先様がご満足いただけるレベルまでは仕上げることができたかなと思います。

急ぎの案件が終わったことで、少しは落ち着いた朝です。

では、28日目のブログで一日スタートです!

 

刃物研磨については、突き詰めようと思えば、どれだけでも突き詰めることができる仕事です。

・刃先の仕上がり具合(どれだけ刃先が鋭いかどうか)

・研磨面の仕上がり具合(研磨した面が鏡のようにきれいがどうか)

・刃物のバランス

・刃先の精度(チップソーのような刃物は刃先の精度が必要です)

などなど・・・・

 

しかしながら、これらを突き詰めていけば行くほど「コスト」が当然かかります。

 

そのコストはお客様にお願いすることになります。

 

通常は、お客様が求めている「刃物研磨のレベルを超えた」研磨をし、

その研磨をお客様が想定される価格でご提供することすることで、

お客様にご満足いただけるものとなります。

CMでやっている「お、値段以上○○○!」を感じて頂けるといいなと思います。

 

しかしながら、特に最近は、研磨精度に関して、当社が通常想定しているレベルより

「かなり高いレベル」での再研磨をご依頼して頂くケースが多くなってきました。

 

研磨精度など、お客様の求められているものに対応するのが弊社のつとめであります。

しかしながら、そのレベルの仕事をするためには「コスト」がかかってしまいます。

そのコストはお客様にお願いするしかありません。

 

ここで問題になるのが、

「その刃物のその使用方法で、この精度は必要なんですか?」ということです。

「不必要な高い精度を求める」のは、「不必要に高いコストを払っている」ということと同じ意味になります。

 

ですから、刃物の使用状況に合わせた精度を見極めて頂き、

それを踏まえて刃物制作や刃物再研磨のご依頼を頂く。

そのことで、

「お客さまの満足度」と「弊社の製品・サービス品質」が「いい塩梅」となり、

お客様の価格に対してのご満足度も高く、

お客様と私共がそれぞれ有益な、「WIN-WIN」なお付き合いができるのではないかと考えています。

 

そのためにも、刃物が使用されている現場に行って、直接お話ができることが一層大切になってくるのです。

DSC_0052

では、今日も一日張り切ってがんばります!

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

 

 

 

 

 

 

「短納期」が自慢ですが、「超硬合金」といってもいろいろありまして・・・

2016-01-15

おはようございます。ブログ担当の山口です。

私、45歳ではありますが、最近、「AKB48」にはまっておりまして・・・といっても、

朝の連ドラの主題歌「365日の紙飛行機」が気に入って、営業車の中で聞いております。

「その距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか それが一番 大切なんだ」という歌詞に元気をもらっています。

(あと、諸事情ありまして、AKBのもうひとつ別の曲も最近頻繁に聞いております・・・・)

そんな前向きな音楽に元気をもらって、15日目のブログで今日もスタートです!

 

大府精巧の得意技は、「超硬合金をロー付けした長尺機械用刃物(超硬ジョインターナイフなど)」です。

ジョインター写真-s

この技術は他にはなかなか無く、これを短納期で対応できるのも大府精巧の大きな強みと思っております。

ところで、「なぜ短納期で対応できるのか?」というと、

刃物の本体部分(台金部分)の製造工程と、超硬チップをロー付けする工程、

そして、表面を研磨して刃先の仕上げまでを行なう工程が、ひとつの小さな町工場の中ですべて行なわれているからです。

 

ただし、短納期で対応できない場合があります。

それが、「お客様が指定する材質の超硬合金の在庫が無いとき」です。

 

さすがに超硬合金(今後は「超硬」とします)や台金そのものを生産するわけにはいかないので、

超硬メーカーから調達するのですが、それにかなりの日数がかかるときがあります。

 

超硬チップ

大府精巧では、長尺用超硬を含めて超硬の在庫を持っております。

 

大府精巧では、お客様のご要望に沿えるようになるべく超硬の在庫を準備しておりますが、

超硬にも様々の種類、あと、刃物の形状に合わせた大きさ・厚みなどがありまして(種類の詳細は少しずつお知らせします)、

在庫で対応できない場合は、大変申し訳ありませんが、その超硬を調達するための日数がかかる場合があります。

 

それでも、大府精巧にある超硬の在庫の中から、「ベスト」ではありませんが、

「ベター」な材質のものをご提供することは可能でございます。

 

短納期をご要望のお客様に関しては、そのような対応をさせていただくこともできますので、

お気軽にご相談ください。

 

では、寒いためかどうかわかりませんが、

大きな事故も発生しているようです。

交通安全も含めて、「安全第一」で今日も一日頑張ります!

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

 

刃物の素材は硬いほうがいい?

2016-01-12

おはようございます。ブログ担当の山口です。

昨日のブログに「11日目」と書いてしまいましたが、「12日目」の間違いでした・・・

こんなことが無いようにしたいと思います。

今日は朝の6:15からパソコンの前に座って「朝カツHAP」でした。

刃研青年部会のメンバーに元気をもらって、13日目のブログで今日もスタートします!

 

1月9日のブログで、刃先の材質の選定について少し触れましたが、

「刃先の材質は硬ければ硬いほうがいいんじゃないの?」といわれるお客様がいらっしゃいますが、

これについては、「時と場合によります」とお答えしています。

 

加工したい材料よりもやわらかい材質の刃物では、刃物が負けてしまって加工ができません。

(木材を加工するのに、「ゴム」でできた刃物を作ったとしても、役には立たないと思います。)

 

しかし、「硬い」ということは同時に「もろい」「欠けやすい」ということを意味します。

あまりに硬いと、鋭利な部分が「欠けて」しまい、これも刃物としての役割を発揮できません。

ガラスのコップを割ってしまったときの破片をイメージしていただければいいでしょうか。

ガラスの破片の先端はとても鋭利で指を切ってしまいますが、とても割れやすく、鋭利な部分は少しの衝撃で割れてしまいます。

 

DSC_0278

お客様からお預かりした超硬合金が刃先に付いたいわゆる「チップソー」というものです。刃先が欠けているのがわかると思います。

これらのバランス、つまり「硬さ(硬度)」と「粘り強さ(靭性)」が重要だということです。

これ以外にも、

・高い温度に対して強いか(高温硬度・・・切削中の刃先温度の上昇によっても軟化しない)

・刃物の形状を作る際に加工しやすいか(成形性)

・価格が安く、再研磨による切れ刃の復元が容易であるか(経済性)

 

 

などの要素が重要で、これらの課題をクリアするために様々な素材が開発されています。

例えば

・炭素工具鋼(SK材)

・合金工具鋼(SKD材)・・・・ダイス鋼などと呼ばれることがあります

・高速度工具鋼(SKH材)・・・・ハイス鋼と呼ばれています。

・超硬(ちょうこう)合金

・ダイヤモンド

・セラミック

など、これ以外にも多種多様な刃物素材があります。

 

一つ一つは、それぞれ得意分野・不得意分やがありますので、

それぞれの特徴については、またおいおいご紹介させて頂きます。

(参考文献 全国機械用刃物研磨工業協同組合編 『機械用刃物研修テキスト』)

 

ということで、今日も一日頑張ります!

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刃物でお困りではありませんか?

2016-01-08

おはようございます。ブログ担当の山口です。

今日は1月9日土曜日、大府精巧は、通常、土曜日はお休みを頂くことが多いのですが、

今週と来週1月16日は、お正月休みを長く頂きました替わりに業務を行なっております。

ご注文、お問い合わせはお気軽にご連絡ください!

(ただし、月曜日は祝日のため、お休みを頂きます。ご了承ください)

 

大府精巧は様々な生産現場で使っていただく刃物を一品から製造させて頂きます。

DSC_0003 (2)

上の写真は以前、とある展示会に出展させていただいた時のブースの写真ですが、

「刃物で困っていませんか?」と看板を掲げさせて頂きました。

 

先日、あるお客様から「樹脂製の、しかもなり固めの樹脂の粉砕をしたいのだが・・・」とご相談を受けました。

そのお客様は、以前はペットボトルの粉砕をされていて、その際の粉砕刃をお手伝いさせていただいたことがあります。

お客様からは「刃物交換の手間がかかるので、なるべく長い間粉砕ができる刃物(「長切れする」あるいは「刃持ちがいい」といっています)がいい」とのリクエストでした。

お客様からのリクエストに対して、様々な質問をさせて頂きました。

・その樹脂の中に異物(たとえば釘や石などの硬いもの)が入る可能性はありますか?

・粉砕した樹脂の中に少しでも「刃先のカケ」などの異物が混入すると重大な問題が発生しますか?

・粉砕する樹脂の種類は均一ですか、それともいろいろな種類の樹脂が混在していますか?

・想定される一日の粉砕量は?

などなど・・・

これらの質問は、刃先の材質を決定するために非常に重要なものです。

質問の意味については、今後、少しずつこのブログでご紹介させて頂きますが、

「お客様のお困りごとに対して、一つ一つ課題を明確にしてお困りごとを解決する」

これが大府精巧の強みと考えています。

 

すべてのお困りごとを解決することはできないかもしれませんが、

「大府精巧にしかできないこと」があります!お気軽にご相談ください。!

お困りごとの解決に対して一所懸命頑張らせていただきます!

 

今日も一日頑張ります!

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

宝の持ち腐れにならないように・・・

2016-01-07

おはようございます。ブログ担当の山口です。

元日にブログを開始して丸一週間が過ぎました。今日から二週間目に突入です!

しかしながら、たった一週間ですが、何事でも続ける大変さを改めて感じます。

 

さて、今日は、以前フェイスブックでも紹介した大府精巧の新しい「武器」を改めて紹介します。

昨年11月に導入したばかりの測定器です。

DSC_0554

知る人ぞ知る、測定機器では評価の高い「キーエンス」製の「非接触式三次元測定器」です!

接触式の測定器では、刃物を扱う大府精巧としては問題があったのですが、「非接触式」のこの測定器であれば、刃先を傷める心配もありません。

「将来への設備投資」として、今後増えるであろう「精度の高い仕事」を進めるためにも思い切って導入を しました。

しかしながら、使いこなせるためにはやはり「慣れ」が必要で、今現在は「宝の持ち腐れ」となっているのが現状です・・・

 

今後は、会社内に「検査・測定室」を設けたいと思っていますが、その中心的な測定具になるのがこれです。

 

今年の目標としては、この非接触式三次元測定器を含めて、「すべての測定器を現場作業者全員が使いこなせるようにする」というのも考えています。

そのためにも、定期的な研修会、そしてなにより実際の業務の際にも、「とにかく触る」ということをしていきたいと考えています。

 

では、今日も一日頑張っていきます!

 

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

 

ホームページをリニューアルいたしました

2015-10-21

この度、大府精巧有限会社のホームページをリニューアルいたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在の事業所

大府精巧有限会社
愛知県大府市横根町坊主山1番地577
TEL:(0562)48-1313
FAX:(0562)48-1314

Copyright © ObuSeiko.ltd. All Rights Reserved.