産業用・機械用の刃物の再研磨なら愛知県の大府精巧有限会社

電話番号

大府商工会議所青年部第14回会員総会

2016-04-21

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、4月20日水曜日、108日目 のブログです!

 

今日はわたしが所属しているもう一つの団体、「大府商工会議所青年部」の通常総会でした。

会場

お伝えしている通り、こちらも今日で「卒業」となり、感謝状と記念品を頂きました。

感謝状

木村会頭から感謝状を読み上げていただき、受け取らせていただきました。自分がこの感謝状を受けとる時が来るとは・・・感慨深いです。

総会後の懇親会でも、「最後の宴席」ということで、楽しく後輩たちとお酒を酌み交わすことができました。

花束を贈ることは時々あったのですが、自分がこんな大きな花束を、しかも、牧之瀬会長のメッセージ付きで頂きました。感激です!

花束

 

これ以上書くと、泣いてしまいそうなので、今日は本当に簡単にこのあたりで・・・・

明日も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

大府精巧設備のご案内<その5>

2016-04-19

 いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、4月19日火曜日、107日目 のブログです!

時々お伝えしている「設備のご案内」、今日は投影機のご紹介です。

DSC_0916

以前に、「非接触式三次元測定器」をご紹介しましたが、大府精巧の測定作業で一番重宝しているのはこちらの「投影機」になります。一応、5ミクロンの精度までは測定することが可能です。レンズの倍率を上げれば、かなり細かい刃先の仕上がり状況(チッピング)を検査することも可能です。

測定機器の大手メーカーの「ミツトヨ」製になります。年式を調べようと資産台帳を改めて確認すると、平成10年1月導入!導入から18年を経過していますが、それでも、刃先の状態を調べたり、写真のように、組み合わせて使う刃物の組み合わせの状態を確認したりと、これまた大府精巧には「無くてはならない」測定器です。

ところで、会社に入った新人さんがこの投影機を使いこなすことができるようになると、仕事の上では「第一関門突破」です。それは、これを使いこなせるようになると、仕事の幅が一気に広がるからです。カッターやルーターだけでなく、平刃や特殊形状の刃物も、この投影機で形状や角度を確認しながら作業できるようになると、それだけで「付加価値の高い」仕事ができるようになるからです。しかしながら、測定の際に、どんな治具を使うとか、どの部分を計測・確認するかなどは、とにかく「触って覚える」ことが重要で、社員にはドンドンいろいろなものを測定して欲しいと思っています。

しかしながら、この投影機、実は現在は事務所の中にあります・・・。お客様がいたりすると、なかなか測定することをためらうこともあります。

が!、今回の第二工場稼動の際には、念願の「測定・検査室」を作ることになっていますので、この投影機だけでなく、三次元測定器や顕微鏡などを一箇所に集約して、効率的な測定・検査作業ができるようになると思います!測定技術が向上すれば、それに比例して作業技術も向上します。以前、ヨーロッパの刃物メーカーの日本代理店の方に言われたことがあります。「精度の細かい仕事をするためには、精度の細かい、精度の高い、レベルの高い測定器が必要です。しかし、逆にいうと、いい測定器があれば、研磨作業する機械が古くても、何とかなるものです」と。

「いい仕事をするためには、いい測定から!」というかんじでしょうか。

自分が入社する遥か前からの投影機ではありますが、これからも「第一線」で活躍してくれると思います!

では、明日は「卒業第二弾」の大府商工会議所青年部の総会です。仕事を午前中を中心に集中的にこなして参加します!

総会では役割を頂いているので、間違えないようにしないと・・・緊張してます(笑)

では、明日も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

書類作業も大事です・・・

2016-04-18

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、4月18日月曜日、106日目 のブログです!

 

先週末から今週にかけて、私自身のイベントが多く、なかなか忙しいこの二週間ではありますが、当然ながら業務は普通に動いています。

そして、第二工場の稼動に向けて、工事も少しずつ進んでいまして、連休前半は社員の協力をもらって、設備の移動をしないといけません。

なんとなくあわただしい4月ではありますが、もう一つ、自分に重くのしかかっているものがあります。

これです。

DSC_0915

大府精巧は、ありがたいことに、平成24年の補正予算で実施された「ものづくり補助金」の対象事業として採択していただきました。

事業が採択されて、補助事業を実施して、そして補助金を頂きました。

当然ながら、それで終了!というわけにはいかず、年一回の報告を5年にわたってしなければなりません。これが結構大変です。

大府精巧の場合は設備資金として利用させていただいたので、この報告に関しては、まだいいのですが、

知り合いの会社では「設備資金と研究開発」を行なったことで、本当に細かい部分での報告が必要だそうです。

多額の補助金を頂いているので、当然といえば当然ですが、やはり、できれば避けたい仕事です・・・

しかし、報告しないと「補助金を返還してください」などといわれても困るので、少しずつ作成していこうと思います。

 

通常業務・第二工場稼動・書類の作成、どれも大事です!「がんばらんといけんね!」

 

では、明日も、

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

新出発!

2016-04-18

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、4月17日日曜日、105日目 のブログです!

 

昨日お伝えした通り、土曜日は広島では刃研組合青年部会の総会があり、青年部会を卒業となりました。

今週は、20日に商工会議所青年部の総会があり、その時に正式に青年部を卒部となります。

刃研組合青年部会は大府精巧に入ってからの約15年、商工会議所青年部は40台になってからの約6年・・・

これまで、このブログでもお伝えしてきましたが、様々なことで自分を鍛えてくれた二つの団体でした。

 

さあ、来週で卒業イベントも終了!今週は名実ともに「新出発」の週となります。心機一転、頑張ります!

 

簡単ではありますが、今日は明日からの決意を込めてこのあたりで・・・

来週も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

刃研組合青年部会 30回通常総会

2016-04-17

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、4月16日土曜日、104日目 のブログです!

今日は広島市に来ました。「全国機械用刃物研磨工業協同組合青年部会」の第30回通常総会出席のためです。熊本で大地震が発生している中ではありますが、何とか開催することができました。

DSC_0003

 

DSC_1059

今回の総会で私は「卒業」となります。おそらく七期14年間にわたって役員を務めたと思います。ようやく「お役御免」です。ほっとする反面、やはり少々の寂しさはありますね。今回は、卒業記念品として、「刃研品質 刃研魂」と掲げた横断幕を贈呈させていただきました。

DSC_0019

自分も様々な経験をさせてもらいましたが、青年部会は「訓練の場」ですので、後輩の皆さんには失敗を恐れずに新しい事業を企画するなど「挑戦」をしてほしいと思います。

懇親会・二次会で少々飲みすぎました・・・ので、今日は簡単にこの辺で・・・

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

コレットチャックも「消耗品」!

2016-04-15

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、4月15日金曜日、103日目 のブログです!

先日、お客様から「トリーマーの軸が折れた!」との連絡を頂きました。お話を良く聞くと、「コレットチャックの中で折れて、ルータービットがテーブルの上に落ちていた」とのこと。状況がつかめなかったので、「折れてしまった現物を取っておいてまた見せてください」とお願いして、後日、お客様のところへお邪魔すると、

DSC_0890-1

こんな状態の折れたトリーマービットが・・・

正直、加工する刃に近い部分から折れることはしばしばあることなのですが、チャックでつかんでいる部分の「中から」折れてしまう状況は経験が無く、ひとまず現物をお預かりして細かく見てみました。

DSC_0891

すると、軸の部分に「こすれた跡」がありました。また、実際にコレットチャックでつかんでいる部分が「浅い」のではないかと思われる跡もありました。

あくまで推測ではありますが、

①チャックを浅くつかんでいたために、「面」でつかんでいなければならない部分が「点」でつかんでいた可能性がある(・・・この点については、詳細は割愛させて頂きます)

②コレットチャックの「口」の部分が長年の使用で磨耗し、口の部分がひらいてしまった

こんなことが考えられ、これらの影響で、ルータービットが回転の際に振動し、その結果、コレットチャックでつかんでいるのにも関わらず、チャックの中で折れてしまったのではないかという結論になり、お客様に説明させて頂きました。

①の件については、お客様はすぐにご納得されたのですが、②については少々驚かれて、「コレットチャックって、半永久的に使えるものじゃないの?」いう問いかけに対して、「シャンクが出入りする時点で、金属がこすれあっているのですから、ほんのわずかずつ磨り減っていきます。チャックの口の部分については、なおさら磨耗が進みやすいので、毎回とまではいかないまでも、時々はコレットチャックの口の部分を確認しておいたほうがいいですよ」というお話をさせて頂きました。

そのお客様は、今回の問題が発生したコレットチャックに関しては、機械導入から使い続けてこられたチャックで、5年以上は使用しているとのことでした。

使用頻度にもよりますので、なんともいえませんが、少し「気を使ったほうがいい時期」かもしれませんね。

DSC_0892

全国機械用刃物研磨工業協同組合の再研磨仕上げ基準では、ルータについては、「外径精度は0.03㎜とする」とあります。仮に、再研磨したルーターの外径精度が0.02㎜であったとしても、コレットチャックが磨耗によって0.01㎜の「片減り」があったとすると、刃物本体の0.02㎜とコレットが原因の振れが回転によって倍になり0.02㎜になるので、この時点で、0.04㎜のブレになってしまい、再研磨仕上げ基準に対して0.01㎜オーバーしたことになってしまいます。

今回のことで、改めてコレットチャックを製造しているメーカーさんのホームページをいろいろ拝見させて頂きましたが、ほとんどのサイトで「コレットチャックは消耗品です」という記述がありました。

私も曲がりなりにも「技能士一級」の資格を持っているのですが、その技能検定のルーター研磨の実技の練習の際に、ルーターをコレットチャックから引き抜くときに硬くてなかなか抜けなかったためにルーターを「まわして」引き抜こうとすると、指導員の方から「コレットが痛むからまわすな!」とご指導を受けたことがあります。

ルータービットの軸が痛んでしまうのは、その刃物だけの話で済みますが、コレットチャックが傷んでしまっては、いくらいい再研磨をしても、その性能を十分に発揮できなくなってしまいます。刃物を装着する部分については、コレットチャックにしても、チップソーを装着する「軸」についても、「加工精度の命」ともいえますので、これからはほんの少し、「装着される側」の部品に気を配っていただけばと思います。

 

では、明日は広島市で刃研組合の青年部会総会があります!いよいよ私も刃研組合青年部会を卒業です!

その模様は明日のブログで・・・・

では、明日からのお休みも

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

改めて「防災・減災」を考えないと!

2016-04-14

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、早速4月14日木曜日、102日目 のブログです!

今日は夜の7時半から、久しぶりの商工会議所青年部の行事で大府商工会議所へ。その最中に「熊本で震度7」の情報!

自分の母親の故郷が熊本県で、今でもいとこが熊本に住んでいます。また、大学が佐賀だったこともあり、友人もたくさん佐賀・福岡などの九州にいます。あわてて熊本県にいるいとこに携帯で安否を確認したところ、「そこまで揺れは大きくなくて、大丈夫」とのこと。ホッとしました。

 

先日の地震速報の際にもびっくりしたのですが、今回もかなりびっくりしました。この日本では、どこで大きな地震が起きても不思議ではないということを再認識しました。やはり、「大府精巧の地震に対する対策を早急に進めないと」と、改めて痛感しました。

では、被災された皆様のご無事を祈りつつ、明日も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

包装機械は刃物の宝庫!

2016-04-13

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、早速4月13日水曜日、101日目 のブログです!

今日は、「ポートメッセなごや」で開催されている「2016 中部パック」を駆け足で見てきました。

DSC_0887[1]

この展示会、食品を中心とした包装機器や食品加工機器が展示されているもので、出展者の中にも二社ほど刃物メーカーがいらっしゃいました。実は、今日の出展社の中に大府精巧のお客様がいらっしゃいまして、そのブースにもご挨拶にお伺いさせて頂きました。

DSC_0889[1]

今回、展示されている包装機器の中にもたくさんの刃物が装着されています。大府精巧でも、包装機械用と思われる刃物をいくつか製作もしくは再研磨させてもらっていますので、ある程度、どんな機械にどんな刃物が使われているかは「想像」はできるのですが、あくまで機械の展示会。なかなか機械の中の刃物が見える状態にはなっていないので、「ここの部分に刃物があるな~」と外観をみるだけでした。が、それでも「これはおそらくこんな使い方をしているんだろうな」ということを改めて考えることで勉強になりました。

一方の食品加工用の刃物については、見慣れた円盤状のスリッターナイフや勾玉(まがたま)形状のナイフなど、こちらもいろいろな刃物がありました。食品加工に使う刃物に関しては、「万が一刃物が欠けた場合のリスク」を考えると、どうしても二の足を踏んでしまうのですが、それでも、このような刃物があるということを知っているだけでも、お問い合わせ頂いた時の対応が早くなるのではないかと思っています。

会場には、パンのおいしいにおいが漂い、試食に手が伸びそうだったのですが、我慢して帰ってきました。

今後も、包装機械用刃物はもちろんのこと、食品加工用の刃物の研究は続けていかなければ!と感じた次第です。

 

では、明日も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

超硬スリッターナイフの製作致します

2016-04-12

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。では、早速4月12日火曜日、100日目 のブログです!

さて、今日は改めて大府精巧の「得意技」のご紹介です。

大府精巧は業界内では「平刃」と呼ばれるものが一番得意ではありますが、「超硬スリッターナイフ」の製作も承っています。

2月26日のブログにも若干書かせていただきましたが、超硬スリッターナイフは、これまでに培った超硬研磨技術を生かして製作しております。

スリッター鏡面仕上げその1
写真は180Фの超硬スリッターナイフの厚み出し作業が終わったものです。鏡面仕上げで弊社の工場の天井が映りこんでいるのがおわかりになりますでしょうか。この後、刃先研磨をする作業となります。

大府精巧で対応できるものとしては、

・厚みとしては0.5㎜より、

・大きさ(直径)としては190㎜程度まで

対応可能でございます。

(0.5㎜の厚さのものを190㎜の直径で製作は少々厳しいです・・・製作可能な寸法についてはご相談下さい。)

超硬素材に関しては超硬メーカーから購入することになりますので短納期とはいかないのですが、それでも、大府精巧得意の「一品製作」での対応は可能です。お気軽にご相談下さい。

ところで、今日も営業車で蒲郡のお客様のところまで研磨品をお届けにあがりましたが、窓を閉めていると太陽の光で車内は暑くなり、窓を開けて走ると寒いし・・・という、季節が交錯している今日この頃ですね。こんな中、一応ではありますが、ブログ「100日目」を達成することができました。これも見ていただいている皆さんのお陰でございます。ありがとうございます!元旦に宣言した「365日毎日更新」を達成すべく、これからも頑張ります!

では、明日も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!」

 

「第二工場」稼動にむけて

2016-04-11

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。今日は雨は降っていなかったのですが、「春の嵐」というぐらい、風の強い、肌寒い一日でした。では、4月11日月曜日、99日目 のブログです!

3月26日にお伝えしましたが、本社工場の隣地を取得させて頂き、今現在、稼動にむけての工事を進めています。

現在は、工場内にマシニングセンタなどの大型機械の搬入に耐えることが出来るように、また、資材の搬入などがしやすいようにするための工場の前の部分の舗装のし直し、そして既存の建物と第二工場をつなぐ通路の造作、そして工場内部の改築を進めています。

DSC_0885[1]

DSC_0886[1]

第二工場は、基本的には製造部門の「台金製作」の各種機械を搬入して、研磨部門と分離して作業が出来るようにする予定にしています。また、常々考えていた「測定・検査室」も第二工場内に作る予定です。設備の位置など細かい部分がかなり決まってきましたので、いよいよという感じになってきました。

しかしながら、製造部門を第二工場に移した後の現在の工場内のレイアウトをどのようにするかはまだ検討中・・・というか、移動させてみてから考えるような感じになりそうです・・・

第二工場の本格可動は5月の連休明けになる予定ですが、その際には、またお知らせさせて頂きます。

 

では、明日も

即断! 即決! 即実行!

「やるなら 『今』 しかねえ!

Copyright © ObuSeiko.ltd. All Rights Reserved.